なぜ儲かる?教育ビジネス

この記事をシェアする

これからは幼児教室がスタンダードに

幼児教室の仕組み

乳幼児、または幼児の健やかな発育をサポートしている幼児教室は多くの支持を得ています。外国で導入されているカリキュラムや学習方法を取り入れたり、勉強と言う面だけではなく身体能力を高める授業を展開したりと個性的なサービスが多くあります。
この幼児教室も教育ビジネスの一種で、個人経営よりもフランチャイズが多く進出しています。
働く側は保育士、乳幼児教育アドバイザーの資格が必要で質の高いサービスを受けられます。フランチャイズの場合は知名度が高く集客が容易である、またカリキュラムが決まっているので働く側としても安心です。
但し勝手にカリキュラムを変更する事が出来ないので、独自性を出すのが難しいデメリットがあります。

儲けるカギはカリキュラムの独自性

幼児教室はフランチャイズが多いと説明しましたが、個人経営でもしっかりと儲けているパターンもあります。それはフランチャイズに無い独自性をアピールする事です。
個人経営のデメリットは知名度が無いので、集客が大変な点です。
反対にメリットは自分が教えたいと思ったカリキュラムや内容を自由に出す事が出来る点です。また教材なども自分で設定出来るのもメリットです。しっかりと根拠を持ったカリキュラムであれば自然と通う方は増えますし、中にはお子さんの幼児教室だけでは無く親御さん向けのサービスを提供しているところもあります。
この教育ビジネスは日本でまだまだ発展途上ですので、これから更に大きく成長していくと考えられています。



PAGE
TOP