なぜ儲かる?教育ビジネス

この記事をシェアする

塾を開業するとやっぱり儲かる?

学習塾は儲かるのか?

アナタの周りにも子供を学習塾へ通わせている家庭は多いと思いますし、塾自体も数多くあります。
塾と言うのは一度入塾すると、大きな事が無い限り最低でも1年、長ければ義務教育が終わるまで通い続けるのがベターです。利益室が高く、且つ在庫を売りつける必要が無いので、バック率も高い。更には塾を開業する小さなスペースがあれば、すぐにでも始められます。教育ビジネスとしては最も入りやすいのが塾なのです。
講師を探すのは大変ですが、SNSや求人サイトへ登録し積極的に募集をする事で集められます。
塾の収入は何と言っても生徒の数、そして一人あたりの単価です。生徒数は集客によって変わりますが、単価の設定はとても難しいものです。単価を下げて量を取るか、量を減らし単価を上げるか経営者の腕の見せ所です。

集客が儲けのカギ

塾を開業したのは良いけれど、その塾の事を誰も知らないのであれば意味がありません。
塾は一度良い評判が点けば子供や親御さんを通じて口コミで拡散されます。しかし最初の一歩を踏み出すのがとても大変です。
折込チラシやWEB掲載といった定番の集客はもちろんですが、体験入塾やオンライン講座といった様々なツールを駆使して世に広めるのが大切です。軌道に乗れば安泰ですし、利益が上がればより質の良い講師を雇う事も出来ます。
働く側としても、生徒の成績や評価が上がっていくのが目に見えてわかるのでやりがいがあります。
塾を開業してからとりあえず2年続ける。それから安定した収入が付いてくると言われています。これから塾の開業を検討している方は、参考にして見て下さい。



PAGE
TOP